2009.06.01

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -   

2006.10.18

やったぜい!!!!11


>会長
褒め言葉として受け取っておくよw


レジャのハーフ台全台(4台)がこのたび大盛況にて、
24時間台へ移動の運びとなりました。


これから楽しそうになる走馬灯が見えるぜ・・・


って俺、死ぬの!?

どうも、ジノですw

しそてメルブラの台はメダルコーナーで待機中・・・
日の目を見るのか!?


今週のHALF-LIFEは崩壊都市。

てな訳でちょっと立ち回り思考・・・

ブルーチームの場合、屋上の占拠をしてスラムの設置だけすませて、
屋上にスモークを炊いて相手の気をひきつつ(軽く相手の目をひく為に)、
自軍周辺で味方援護や
地下にも見せるスラムを設置しておきながら
味方のジョブに合った選択肢で選択が主ですね。
ガン待ちのが強い気がするのですが(トラスとは違うタイプの待ち)

後は裏取りして、気づかれていないならスラムと、ペイントか強化銃で得点稼いで
待ち、ですかな。

ブルーチームでの裏取りは成功すればかなり強力なものになるので
自分はたまにしてます。(失敗しそうな雰囲気なら味方に迷惑をかける前に撤退をば)
後は敵園児のガソドラ対策に、ドラにスラムを仕掛けておくとか面白いことも
してみたりw余裕ある時だけだが。

逆にレッドチームは、地下の警戒と、砂が味方にいなければ
ボーガン、ペイント、強化銃で簡易的に砂の代用をしてみたり
屋上階段にスラムを仕掛けておくのは基本?かな?
こっちもこっちで得点稼いで待ちのがいいのかな。

因みに経験上、裏取りは警戒しておいて損はないです。

ただ、こちらから攻める場合は、地下からか広いところに出てしまう場所の2択なんで
レッドは自軍か地下あたりでおとなしくしてるのが無難ですかね。
コンレンのが待ちならば強いと感じました。
寧ろ連携で生きてくることもありますし
ファイヤーウォールもなかなかwそれに突っこんでくるやからは
その後の展開まで理解する人がすくないので
簡単にスラムにかかってくれたりしますので
結構おいしいです(・∀・)
その手間があるから裏口から来るでしょうがw

それに、ここのステージは個人的にバールを使う機会が増えそうです^^


まあそんなこと書きながら・・・

金が無いので出来なかったりorz

本格的な復帰はロックダウンからだから、またランク落ちしなければいいんだが…

水門がっ!!!
くそぅ。あそこの戦いはアツイのにな〜

そしてロック→トラスのループとか死ねるw

当面はアルト氏(レジレン)を目標に頑張っていきますよ。

ハフライの話しばかりですまそ。
では次回。




2006.10.05

武器ごとの使い方を再攻略してみた

この前のことから書こうかw

先週の土曜日にモンテに集まってそれなりに対戦。

実は真面目にさわったのは2週間ぶりw
いや一応レジャではやるんだけどね。
人いないから立ち回りの研究のしようがない件。
閃鎖・七夜からの拾いだけはミスして他は出来るとか、
意味わからん感じに仕上がっておりまするw

因みに14日はバイト入ってるから上の人に相談してみまそ

レジャも100円2クレになったし(1台だけw)、
かるかんとかレットと対戦する時にわざわざプラまで足運ばなくてよくなったから
少しだけモチベアップw
つかそろそろ再開しないと名前が知られてる人達(有名人?)
に簡単に負けてしまいそうなんで真面目にやりますかね

ハーフライフは
メインのRレンがAAAレベル4で
サブカのCレンがAAがレベル5って感じになってきた!
マスタークラスが見えてきてますが!ってな感じで今かなりモチベがあるw

中途半端に米レス
>会長
そうだね〜、それといきなり全国やったら流石にフルボッコでしょw
先ず操作を覚えて、ミッションモードを3回(3つステージがある)やったころには
十分基礎的な動きはマスターしてるかと。
後は自分に合いそうなジョブを決めてひたすら自分との戦いじゃないかな?

俺は時たましか見ないけど、四六時中画面全部を見て、マップを見て警戒して、ポイント差を見て、相手が何処にいるか潜入して探って、見方をなるべく気づかう。
簡単にこれくらい考えるよw後は武器の特性を理解するのと、マップを確実に理解して後ろ歩きでもいけるくらいの勢いになるのと、自販機(武器庫)の場所の理解。スロットを回したら次に何の武器が来るのかの把握は基本だお。
その時の状況によって判断を間違えると、被害が及ぶのは自分と、自分のチームの仲間ってことを忘れちゃダメだね。地雷(要は使えないプレイヤー)扱いされたら最悪だしねw

レスなげ〜wwww


近距離: 
不意打ちなバールか強化銃1マガジン使って瞬殺
近いならSGかバールの出番でしょ。
相手が迫ってきてるなら逃げながら強化銃(ry)かショットガンHS狙い、SMGで自爆特攻もありw
ペイントぶつけて他行動〜ってのもありかな。

中距離:
ショットガン牽制か、SMGフル射か、距離と相手の場所によってはSMGバーストで使い分け、強化銃もあり、因みにここでボーガンの真の力が発揮されるんだが、
狙える状況皆無な罠orz、とりあえずペイントってのもあり。


遠距離:
ボーガンスナイプか、強化銃しゃがみ撃ちか、SMGバースト射撃、とりあえずペインt(ry後はスモーク焚くくらいしかないね、うん。

あとはロックダウンなら天井にスラムつけたり遊ぶ感じかねw

この時間から沢山の人がプレイしてるし、
今日はバイト休みだから俺も行ってみようかな?

ではいってきます!

2006.09.29

コンレンだとチキンな俺様w


これもダチからw



基本的にPCとチームが組めた場合は別ルートを速攻で進み、サクサクとシェークトラップを撒き撒きへ。もし設置中に敵に補足された場合はプロビジョナルシールドで後退か、SMGを撒きつつセカンダリグレネードで威嚇しつつ援護到着を待つ。設置しきれた場合は身を隠しつつバールを持って敵をワクテカで待つ。見事に掛かってくれたらモリモリどついてスッキリ爽快。
 シェーク消費後orリスポン後はドラム缶と一緒にお出かけ。ダルマさんが転んだ状態ですこしづつ動くと意外とバレないし、もしもバレた場合はイナズマシュート。そうそう当たる物ではないが、驚いてくれている間にさっさと逃げる。進む時はしゃがんでソロソロ、逃げる時はラビットダッシュ。
 中盤戦以降は押されている時以外は前線へ出ない。ガチでやりあえば園児同士でなければ武器/基本性能で負けている為、技量が明らかに上の場合で無い限り勝率は五分以下、砂の盾代わりにスナイプポイント近くにドラム缶置いたりして後方支援を行う。
 ソロの場合は気分で。バール魔でヒャッホイするもよし、SMGの練習するもよし。ただ、常に出来るだけMAPの隅々を歩き、使えそうな障害物の場所を覚える。明日の為の第一歩、障害物の位置が把握できれば次の対人戦できっと役に立つ。

 正面切って戦うクラスでは無い。ある意味砂以上に嫌らしく立ち回るのが園児の醍醐味だと思う。

トラップ系の撒き方についての基本
大概の状況におけるセオリーを。通用しないことも多々ありますが、主に初心者園児への指南となれば幸いです。


・シェークトラップ
引っ掛かると致命的、設置後は不可視ということもあり、最も相手にプレッシャーを与えやすい罠だろう。しかし、限られた拘束時間以内に敵を攻撃しなければならないため、自軍から管理できる場所に設置できるといい。しかし、設置場所があまりにも内側すぎると入口の一歩手前からマシンガンの掃射を受ける場合もある。やむを得ずそのような位置に設置してしまった場合は、設置点よりも奥側にバリケードやシールドを形成して攻撃を防ぎ、突破を促すという作戦もある。因みに、グラフィック的には罠を踏んだ人が動けなくなるような感じだが、実際は発動時にグレネード系のような効果範囲が生じ、その一帯にいる複数のプレイヤーを巻き込む。相手を待ち伏せる時には、なるべくシェークトラップから少し離れていたほうがいい。


・スラム
レジ園児に限り、しかもたった三個しか所持していないが、「視認できるが掛かればほぼ即死=管理いらずのシェークトラップ」と考えれば使い所はありそう。基本的に、相手にスラムの存在を知られたらそれは死に弾と考えたほうがいい。そのため無闇に壁設置してセンサーを出すよりは、障害物のごちゃごちゃした場所に紛れさせたり、タグ回収のために慌てて接近しようとする相手の進路に素早く置くといい。あるいは敢えて敵方向から狙撃できない位置に壁設置し、センサーでプレッシャーを与えるのもいいだろう。勿論隠密が優れたものは味方もうっかり踏んでしまう可能性があるので、トランシーバーによる報告は忘れずに。また、爆発範囲はかなり広いので位置関係にも注意。


・プロビジョナルシールド
厳密にはトラップではないが、全部で10回も使えるのだから活用したい。基本は逃走の際の防御だろうが、前述のようにシェークトラップの奥に設置すると、グレネード系をケチった敵が突っ込んできてくれる事もある。バリケードの足りない時の代用にも。また、障害物を通さない事を利用すればシールドをつっかえにして通路を封鎖することもできる。
ドラム缶などの障害物→○○○|←シールド
左からだとシールドがドラム缶を通さないのでつっかえる(障害物で奥のシールドを隠すようにするのがポイント)。障害物が横に崩れないような狭い道でやってみるといいかもしれない。
しかし、チーム内で一度に設置できるシールドの数は2つまでで、3つ以上のシールドを設置しようとすると、少しの間だけ出現してからすぐに消滅してしまう(味方に複数の園児・砂がいる場合も全員の設置したシールドの数を合計して計算される)。このため、シールドを設置する際はできるだけ長く活用できそうな場所にするといい。置き逃げで使わざるを得ない場合は、後続の味方にバールなりで破壊してもらうのがいいだろう。また、スモークグレネードの煙幕の中ではシールドの設置ができないので注意。近くに障害物がある場合も設置できないので、多少ゆとりを持ったスペースが必要になる。こう書くと使い辛く聞こえるが、園児は持ち前のトラップによる威圧とこのシールドによる防御能力で、単独対複数の防衛をこなすことも可能。その間に本隊の奇襲を促すこともできるだろう。因みに、「せっかくシールドを設置したのに、スケスケなのでトラップを設置するのを見られてしまう」という方は、ペイントガンでシールドを染めてみてもいいだろう。こちらの視界も減ってしまうが、トラップを撒いた後はシールドを破壊して張り直すなりすればいい。戯言だが、シェークトラップに掛かった味方の前に颯爽と現れ、シールドを張って防御するととてもカッコイイだろう。


・ファイアグレネード
グレネード系のメイントリガーで上手投げ、セカンダリで転がし。敵にぶつかるか投げてから約2秒後に、範囲内にいる者のヘルスへ直接ダメージを与える火炎を形成する。これは敵味方関係なく喰らう。発動時間は20秒。メインで投げた場合、バウンドや坂道の転がりなど利用すると結構遠くで発火させる事が可能である。スラムやスパークジェネレーターを誘爆させる事も可能。1tickのダメージはハンドガン1発分程度。敵陣営の武器補充庫付近で破裂させたりするとかなり嫌らしい。基本的に「視覚的に威圧する」トラップ。
余談だが、ファイアグレネードに限らず、グレネード系全般は破裂する前ならばグラビティーガンでキャプチャー可能。キャプチャー中は破裂しないので、そのまま打ち返すか、安全圏に捨ててしまおう。

MAP:ロックダウンにおけるトラップ設置考察
 ロックダウンでは互いのリスポーンポイントへの進入路が非常に限られており、また、中央路以外の部分はかなり狭い通路となっているので、エンジニアにとっては面目躍如なMAPである。そこでRED/BLUEの各陣営でのトラップ設置計画の一例を提示する。
 RED側の場合、MAP中央部または下部のリスポーンポイントからのスタートであれば、まず押さえに行くべきは中央部弾薬補充地点だと思われる。理由としては、中盤以降前線形成をしたまま弾薬の補充が非常にスムーズに行える位置であり、かつBLUE陣営の喉元に容易に食い込める。
後にBLUE陣営側の考察で触れるが、MAP下部キャットウォーク側通路を押さえられる可能性が高い事を考えると、このポイントの死守は非常に重要な生命線となるケースが高い。
ここの南側出入り口付近にはケチることなくシェークトラップを使用すると良い。レジスタンス側であれば壁付けスラムも考えたくなるが、設置位置によっては、MAP下部キャットウォークより狙撃などで破壊されてしまうからだ。
また、中からのハンドグレネードによる誘爆での排除の可能性もある。キッチリと抑えたい箇所にはしっかりとトラップを置いておこう。
 MAP上部のリスポーンポイントからスタートした場合は、MAP上部の坂路の警戒を行うと良い。ここはBLUE側が地形的上位にあたるので、RED側としては攻めづらい通路ではあるが、逆に抜けられてしまうと、MAP下部キャットウォークとの挟撃により、中央路の制覇権を完全に奪われる事となってしまう。
即押さえに掛かれば、エンジニア一人でも防衛網の初期設置は可能なので、トランシーバーで連絡を行った上、防衛に当たると良いだろう。
その際にはスラム/ファイアグレネードを併用すると良い。この坂路、道幅が他の侵入路に比べて広い為、坂路を抜けた通路部以外ではシェークトラップだと1つではカバーしきれないので、複数設置の必要が出てくる。
そこで上りきった角の部分にシェークトラップ、坂路中腹に壁付けスラム、もしくはファイアグレネードによる威圧を掛ける。無論、恒久的ではないが、敵が複数で来た場合などは援護を呼ぶ時間を十分に確保出来るはずだ。
 対してBLUE側の場合は、MAP左上方以外のリスポーンポイントからスタートした際は、速攻でMAP下部キャットウォーク開口部の制圧へと向かう。
このキャットウォークはかなり見通しが良い為、スナイパー同士のお見合い状態となりやすい通路だが、一度抑えてしまえば、中央路に対する絶対的な威圧効果を持つ。序盤から終盤まで、全ての局面においてBLUE側の生命線ともいえる箇所だ。
設置はシェークトラップが中心となるが、レジスタンスエンジニアであれば、開口部のBLUE側、RED側からは直接狙撃しづらい位置に壁付けスラムを設置しておくのも良い。
このMAPでの負けパターンの多くは、隙を突いての強襲によるキャットウォークからの雪崩れ込みであるからだ。だからといって、初期の段階からファイアグレネードで塞いでしまうと、大きな攻め手の一つを欠くハメとなるので、ある程度戦局が見えるまでは控えた方が良い。
 MAP左上方のリスポーンポイントからスタートした場合は、そのまま前進し、坂路の防衛、戦線突破口の下準備にかかる。ここは地形的に下位に当たる為、防衛しづらく攻めづらいが、相手側が一切要員を割り振ってこなければ、逆に一気に制圧可能な位置でもある。
制圧に成功した場合は、リスポーンポイントへ大きな揺さ振りを掛ける事が可能となるので、リスクを背負って試みる価値は十分あると言える。
この際のポイントは、予め近くに配置されている木箱等をグラビティーガンで確保した上で侵攻する事にある。相手側兵士に出会う事無く無事坂道を登りきれた場合はそのまま通路を防ぐのに使い、坂路中腹で敵に出会った場合はそのまま放棄、速やかに障害物左右にシェークトラップを撒きつつ下がる。
ここの攻防に関しては思い切りが肝心となる。攻めの目が無い、と踏んだ場合は即、中央弾薬補充地点の制圧、防衛への支援へ回るようにする。後退の際にしっかりトラップを設置しながら下がれば、おいそれとは突破されないだろう。

以上、全ての場合において機能しきる考察では無いが、セオリーのひとつではあると思う。

2006.09.29

バール魔って俺のことでs(ry

>ユウ
使えんのかよw
今度見せてもらおうかな^^

>のくす
どうしよーねぇw
因みにうたわれ買うのやめてPS2CLANNAD買うことにしたw



ダチに言われたから砂のことについて

スナイパーとは
スナイパーを目指す君たちは、まずは戦場で最も嫉み嫌われる存在にならなくてはならない。
何故なら相手が少しでも無防備であれば即座に風穴を空けることが出来るからだ。
それは敵が迂闊に出てきたり、こちらの存在に気づかずに向かってきたり、自動販売機の下に金が落ちてないか確認する時等だ。
だが、敵にとって最も警戒しなくてはならない存在だからこそ、最も狙われやすい存在だということを覚えておけ。





基本的な撃ち型(スナイパーライフル)
まだまだケツの青い新兵諸君にありがちなのは、高台に上り、スコープを構え、敵が姿を現すまで息を潜め、敵がサイトの真ん中に来たら撃つという非常に緩慢で愚純な撃ち方である。
そんなやり方では自分が死の危機に気づく頃には金玉がナッツみたいに割られているだろう。
スナイパーライフルは、スコープを構えるとレーザーサイトが出現する。
これが実に厄介で、味方・敵・お茶の間の人達にも見えてしまう。
当然レーザーを出し続けていれば敵は出てくる訳も無く、回り込まれ、気が付けば敵の夕食のメインディッシュになっていることだろう。
さらに、スコープを構えれば当然回りも見えなくなる。この時間が長ければ長いほど待っているのは「死」だ。
ではどうすればいいか? 簡単だ。スコープを構えなければいい。
レーザーが無ければ敵は姿を現す。そこですかさずスコープを構え、絶好のカモをミートパテにすれば良い。
よって、スナイパーライフルは構え→狙い→射撃までの動作を迅速に行う必要がある。これは経験と慣れしかない。





基本的な撃ち方(その他)
君達に与えられた武器はライフルだけではない。
最初からサブマシンガン・パルスライフルのどちらかを持っているはずだ。
幸い君達は特別な存在であり、他の奴らより射撃が上手い。しかし、ウェルダースオリジナルを貰える事は無い。
そして君達は貧弱だ。体に少しのコルク栓を詰めただけで死んでしまう。
だが、時には相手と正面から対峙しなくてはならない時がある。
はっきり言うと、君達では正面から撃ちあえば負けると思っていい。理由は簡単だ。豆腐並みに貧弱だからだ。
ではどう戦うか?
敵と対峙したら、自分の鉛弾を敵の顔にプレゼントしてやると良い。
君達は射撃が上手い為、簡単に当てれる事だろう。しゃがめばさらに当てやすくなる。
敵はその時視界が歪み、正確に狙いが定められなくなる。その瞬間を利用して逃げるのだ。
逃げる先は大使館でも子ども110番の家でもない。味方の元へだ。
いくら「紙装甲」と言われる君達でも味方と一緒に戦えば勝機が見えてくる。
あと、撃つ際に気をつけて欲しいことがある。それは「トリガーを引きっぱなしは控える」ことだ。
撃ち続けていると着弾のブレが激しくなる。サブマシンガンのブレは貧乏ゆすり並に酷い。
そこで、「2〜5発撃ったら一旦止める」のだ。感覚的には”ダダダ、ダダダ、ダダダ”という感じだ。これは「バースト撃ち」というFPSでの基本とも言えるテクだ。
無駄弾も減り、集弾性能も向上、異性にモテ(ry)。まさにいい事尽くめだ。
しかし、至近距離などでは撃ち負ける。近中〜中遠距離で使うと良い。





基本的な動き方
君達は戦場の暗殺者だ。忍者だ。スネークだ。決して居場所を悟られてはならない。
敵も馬鹿ではない。狙われている事が解れば極力撃たれないような動きを取るであろう。
しかし、敵は狙われてない・気づかれてないと思っていたらどうなるか?
敵はスナイプ・罠設置・落ちているエロ本鑑賞等の無防備な姿を晒すであろう。
では、一体何処へ潜伏すれば見つかりにくいか?
生憎このゲームにはダンボールもステルス迷彩も無い。
一番簡単な方法といえば、もはや王道。
「味方との戦闘のどさくさに紛れて狙う」
である。敵は目の前に敵が居ればそいつに集中せざるを得なくなる。そこで目に付かない遥か後方から狙うのだ。
卑怯?それは我々スナイパーに対する最高の褒め言葉だ。
前を行く味方は敵という魚を惹きつける為の餌だ。魚が掛かったら気づかれない場所からゆっくりと狙えばよい。



もし、別の敵に居場所が知られたのなら、目の前の魚は諦めて自分の身を隠す事を優先することを薦める。




立ち回り。応用編
諸君。君達はいくつもの戦場を走り抜け、Cランクになり、新たな敵と熾烈な戦闘を繰り広げていることだろう。
そこで、いくつかの「違い」を感じなかっただろうか?
そう、周りのレベルが圧倒的に高くなっているのだ。そのうえ上で述べた王道戦術が通用しなくなっているのだ。
最初は敵の強さに困惑して鉛弾の出血大サービスを何度も食らっただろう。
歩いてたらいきなりアポロ並みの吹っ飛び方をしたこともあるだろう。
自動販売機でコーラを買ったらダイエットコーラが出てきたこともあるだろう。



ここでは、そのCランク以上で通用する立ち回りを伝授する。(マジで解説、その代わりネタ少な目。)



1:スナイパーライフルに頼るな
君達はもう感づいているはずだ。スナイパーライフル(SR)を当てるチャンスが滅多にないのだ。
当てられないと解った以上ライフルを使う必要は無い。尻をローストされて欲しくなければ素直にSMG・パルスに持ち変えるのだ。
君達の役割は主に集弾性能の高さを利用し、中距離でヘッドショットを量産して相手の体力を削るのが有効とされている。
しかし、SRで狙えるチャンスがあれば見逃さないようにしたい。



2:追加武器を駆使しろ
Cランクに上がった君は、新たに「ペイント銃」と「強化ピストル」という新しいオモチャを手に入れているはずだ。
この先の生き地獄を生きていくにはこれらのオモチャを最大限に利用しなくてはならない。
まず、紙装甲という欠陥を抱えてる我らが優位に立つ為に使うのが「ペイント銃」だ。
1発でも当てれば相手は一定時間盲目になる。一方的に攻撃することが可能なのだ。
よって、交戦直後などで使うと良い。
さて、ここから交戦状態に入る。我らも武器を手に取り戦う訳だが、一つ聞こう。
諸君、敵の目の前でリロードをしたことはあるか?
少なくとも始めた当初はあるだろう。
この行為、実に愚かで命知らずな行動だ。リロードしている間は完全に無防備だ。この間に無数のコルク栓を詰めることになるだろう。
君達はもう「強化ピストル」というオモチャがあるはずだ。これを利用しない手は無い。
SMG・パルス(メイン)のマガジン残弾が無くなって来たら使い切る前にピストル(サブ)に持ち変えるのだ。
そしてピストルのマグ残弾が無くなってきた頃にはメインのリロードが完了しているはずだ。
メイン→サブ→メイン→サブ と武器を変えながら戦うことによって、常に攻撃が可能になる。
強化ピストルの強さもなかなかのもので、1マグを全弾当てると敵のヘルスの8割〜10割方奪うことが出来る。
これは全て胴体に当てたときの話、頭に数発当てればもっと少ない弾数で敵をミンチに出来る。
武器自体の精度も高く、諸君スナイパーの腕に掛かれば中距離でもピンポイントで頭にぶち当てることが可能だ。



3:戦況を把握しろ。「裏取り」を許すな。
諸君スナイパーのポジションは後衛だ。中にはバールを持って意気揚々と突っ走るホイットマンが居るようだが、無視だ。相手にしてたらこっちまでイカれる。
当然のことだが、絶対に前には出てはいけない。我らスナイパーが戦う為には餌が必要だ。前進するときは前に餌を泳がせてからだ。
Cランク以上になると「裏取り」という戦略が重要になってくる。ゲーム毎に意味合いが変わるが、裏取りとは遠回りルートから少数で敵の後ろへ回り、挟撃状態を作り出すことだ。
後衛である諸君はこの裏取りを絶対にさせてはならない。前方にいる敵を攻撃しながら背後を警戒しなくてはならないのだ。
味方の布陣を見れば、誰も警戒していない所があるはずだ。敵が裏取りしてくるならそこしかない。
前衛の援護をしつつそこを警戒し、予想通り敵がひょこひょこと出てきたらペイント銃をお見舞いすると効果的だ。
敵は前が見えないため何も出来ず、味方のレーダーには映り、こちらの陣地のど真ん中。
一斉に攻撃すればあっという間に挽肉ハンバーグの出来上がりだ。



小技
諸君達はもう初心者ではない。靴紐の結び方も知らないウジ虫から笑顔で死を届ける戦場の宅配便になったのだ。
しかし、まだ知らない事もあるはずだ。
ここではそういう小技的な技術を紹介する



クイックショット(QS)
諸君はスナイパーライフルを遠距離専用武器と思い込んではないだろうか?
確かに本来の用途では遠距離専用だ。しかし、この技術によって近〜中距離で戦うことも可能なのだ。
クイックショット、別名変態撃ちとは、ズームモードなら真ん中に飛ぶという特性を利用し、スコープ構えと同時に撃つという荒業だ。
極めると楽しい対戦のはずが血肉沸き踊るリアルファイトに発展しかねない危険な業である。
QSの特徴としては、スコープ構えと射撃が同時な為、敵はレーザーを見ることができない。見える頃には額で煙草が吸えているはずだ。
さらに、撃った直後にズーム解除、又は武器切り替えをすればレーザーは一瞬しか出ず、敵は我々の居場所を特定することも、警察に捜索願を出すことも不可能だ。
そして接近戦ではSRの高威力を生かして曲がり角で遭遇しても一瞬で相手を葬ることが可能になる。
しかし、ラブコメ物の展開を望む人は使わない方が得策だろう。



かなり強力な技なのだが何故小技扱いされているか?
それは難易度の高さにある。
まず、ノーズームSRには照準が無い。脳内照準で狙うしかないのだ。
さらに敵との距離が離れるほど当てるのが困難になる。かといって接近戦ではHSを出さない限りソルジャー相手には撃ち負けると考えていい。
とどめに装弾数・連射能力の問題で「必中」が求められる。あまりにもリスクが高すぎるのだ。
しかし、使いこなせればSRは近距離から遠距離全てで戦えるようになる。SR1本で戦場を渡り合うことも可能だ。覚えていて損は無い。



QSする上でのコツは複数ある。狙い方も人それぞれで、自分に合ったのを探してみるのも面白い。
例をいくつか挙げると。

狙いをつける
これは至って普通の方法だ。コツもクソもない。AIM力が全てだ。
敵の移動先を予測して撃つ
相手の移動先に照準をおき、敵が来たら撃つ。相手の行動を読む能力が求められる。
これが達人的に巧い人は某ロボゲー等では「人間FCS」と呼ばれることもある。
自分から旋回し、敵が真ん中に来たら撃つ
上記の予測撃ちと逆のことをする。自分から動いて撃つ方法だ。通称ドラッグ撃ち。
一見難しそうに見えるのだが、意外と当たる。


上記はあくまでも例だ。コツは自分に合ったのを探すことを薦める。
QSはそれなりの練習量と一部才能が求められる技術だ。しかし、出会い頭で相手の頭に風穴を開けたときは一種の感動すら覚えるだろう。
是非とも習得して欲しい技術だ。





余談だが、目指すならゴルゴ13のようなスナイパーを目指すように。
間違っても「そのキレイな顔をフッ飛ばしてやる!」なスナイパーにはなってはならない。





2006.09.26

順調に読み合いが鋭く・・・(まあバトンh(ry

今日は10戦して2回しか負けなかった。これはかなりの進歩!

指揮に従ってくれない人のフォローは大変だけど、
刹那の駆け引きに命かかってるのがマジ面白いわ。
同じゲセの奴と組んじゃって「マジかよ・・・」とか言われたしこっちも思ったんだけど、結果が勝利に結びついてなによりよかったw

サブキャラにコンバインのレンジャーを作ったけど、パルスTUEEEEEEE!!!

立ち回りもガラっと変わって攻めがもっと多くいけちゃう時点で神だわ・・・(#´∀`)

Rレンじゃ考えらんないね、もうどっちもやること多くて困るけど楽しいわ〜。

サスーンの彼がコン砂でまた始めたから俺も作った訳が理由(ry

カネコが突撃しすぎてフォロー出来ないのはもはや仕様なのか・・・orz

黄昏(仮)とも同じキャラの話しで2時間話し潰せたし、お互い頑張りたいわ。

そういえば、レジャのビデオゲーム台の配置が変わって画面が見やすくなったお〜

>Nox
猫「アルク」使いか、よしわかった!

>ユウ
俺はアルクメインの七y(ry


自分の部屋を掃除して少し片付けたから、散かってていいなら1、2人泊まれる仕様に
変更しといたから次はてるん来るなら泊めてやるよw

アパートで両親働いてるから掃除が行き届いてないって話しは簡便なw
あ、でも2人はちょっときついかもw
しかもまだ埃っぽいし泊まれるっつっても一般家庭の人には、
向かないかも(どんな家だよ…
てな訳で来る奴覚悟しとけw

最近のメルブラ事情:

状況判断は良好かな?ここってとこで殺しきれない時はコンボ変えるんだけど
ひよって七夜が入らなくて逆に負け、とか技暴発はなんとかしたいねw
大会の時のくー(なのは)戦とか俺が阿呆過ぎて相手にならなかったしorz
差し込み、技の振り方、固めのレパ改善、技の連携どころを見直して
当面やっていくかな、つかやってかないと上手くなれんwww
「智略走り、他人出し抜ける者」でいこう。うん。
青子も対応と基礎を固めてそれを軸に応用していく予定。
「基礎無しに応用無用」でw
アルクは、頑張ってるけどどうなんだろ?
周りから認められるようになればもっとバネに出来るんだけど・・・。
リアルに心境の変化もあったから、敢えて「努力」で。
この3人を固めて強くなっていきたい。

勿論ハーフライフも読み合いを研ぎ澄まして、状況に見合った武器、援護機器の選択と
確実に当てていくのを前提で(得にHS狙い、最悪胸部)これから頑張ろう!おー!

因みに10月は給料問題で一部ゲームが
買えない可能性があるから注意してねNoxw

久しぶりにこのブログ充実してんじゃね!?
んなこたぁない、かw
では次回。

あ、バトンがわかんなくなったから白シキとかその辺送る時ミクシか
メールたのむおw
変なのは勘弁w今度日記確認するけどね。(じゃあ意味ないんじゃ…